ボルダリング

2016年

3月

06日

2016日本学生スポーツクライミング個人選手権大会

3月4~5日に明治大学で行われた日本学生スポーツクライミング個人選手権大会に出場しました (I本)

 

この大会では

ボルダリング種目と国内では珍しいスピード種目の2種目が行われました。

 

 

ボルダリング種目はジャパンカップと同じベルトコンベアー方式で

私の得意な競技形式でしたが・・・・

 

結果は9位

 

と予選落ちしてしまいました(T^T)

 

続いてスピード種目ですが

私はスピード種目への出場は今回が初めてとなります。

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

02日

ボルダリングジャパンカップ 2016

1月30日、31日に埼玉県加須市で行われたボルダリングジャパンカップに出場しました。  (I本)

 

ボルダリングジャパンカップとは日本山岳協会が主催する国内最大規模のボルダリングの大会であり、

ボルダリングの日本代表の選考会となっています。

 

今回は4月に同会場でボルダリングのワールドカップが開かれることもあり、競技レベルもかつてないほど高いものとなりました。

続きを読む 2 コメント

2015年

11月

05日

秋のまちかね合宿

11/1~3日で外岩合宿に行ってきました。

メンバーは11/2の雨予報で減り、i田、o上、t橋さんの全員別回生の3人

予定は3日間瑞牆でしたがどうなることやら、、、

10/31日深夜に瑞牆に向け400kmの道のりをいざ出発!

t橋さんのメガネ付け替え以外は危なげなくたどり着けました(僕が顔面にメガネをブッさしました)



1日目

瑞牆はシーズン真っ最中だったので、メイン駐車場はまさかの満車(土日の奈良のイオン並み)

関西との違いを見せつけられつつも、早速アプローチ!

まずはガリガリ岩。ここのシャリシャリくん(5Q)はo上君のノルマ課題と言えるだろう。

去年、この課題でマントル中にスタートに引きずられたのは鮮明に覚えている

しかしo上君はあっさりと2撃!なかなかやりまする


次は僕の狙いのエレスアクベ(2D).o上君は'普通の日'の横の4Qスラブ、t橋さんは美しき日(2D)の偵察&エレスアくべ。

エレスアクベをトライしてると、、、1時間ぐらいでなんか登れちゃいました(グレード更新)!

去年は同じ岩の3Qすら登れなかったので自分の成長を実感できました。

o上君も4Qを無事登り、次の岩へ、、、


エリアを移動し、阿修羅の岩へ

僕は阿修羅(1D)、t橋さんは狙いのインドラ(2D)、o上君は周辺の岩へ5,6Qをさわりに、、、

阿修羅を3トライぐらいすると浮かれてる僕はエンジョイモードに、少ししてt橋さんもエンジョイモードに。

1回生のo上君が1番がんばってた。笑

インドラはヤバかった(絶望&カッコいい)来年きたら挑戦しよう。


本日最後の岩は皇帝岩

上回生2人は皇帝(2D),o上君はロイヤルポケット(5Q)へ、

体の冷えきってた上回生2人は数トライした後やっぱりエンジョイへ

o上君を見守る。結局皆敗退。

皇帝は体がひえてなくともまだ実力不足だっただろう。

1日目終了



2日目

悲しくも予報が当たり雨。。。

予定が決まらずグダグダ。とりあえずお土産を買いに行った

そして昼飯にせっかく山梨にいるのでほうとうを食べに、、、

これがめっさうまかった!!瑞牆合宿の恒例にしていいぐらいうまかった。

僕はグルメリポーターではないので、うまく表現しないが、うまかった。

3日目は瓢で登ることにし、その後移動し、2日目は移動でつぶれた。



3日目

前日まあまあ降ったので、人がいないかなーと思ったがそこそこいた。

まず、o上君は3Qを狙いに太平洋(3Q)へ。上回生2人も見守る。

1手のランジもん課題だったが2トライ目ぐらいで既に手が届いてた!!

数トライ見守った後、1番上のバタフライへ。

モス(1D)をするもわからない。バタフライ(2Dver)をするもわからない。

バタフライ(8Qver)をするもわからない。。。

なんだってーーー。笑

西日本最難の8Qらしい。笑

グレードに対して哲学を感じた。

近い未来、”8Qとは”という哲学書がでていたら、おそらく著者は僕なので購入を検討してほしい。

そうこうしてるとo上君登場。

登れたらしい!!!グレード更新!!

1回生希望の星、やりますな〜

次は枕の岩へ

上回生2人は枕(1D)をトライ!O上くんは近くのマントル少佐(4Q)へ。

枕は落とせそうだったが、結局2人とも登れず。まだまだ弱い。。

o上君は岩特有のマントルに苦しむも完登!

大阪へ向けて早めに撤収。

合宿終了です。


僕個人の感想としては、

エレスアクベは登れたが、まだまだ実力不足。

はやく1Dを安定して落とせるようにならないと!

さらなる成果を出すため、トレーニングがんばります。

o上くんも楽しんでくれたみたいだったので安心した。

2日目はグダってしまって申し訳ない。

次に瑞牆、瓢に行くときは数段パワーアップしときます。



合宿まとめ

運転中のメガネ交換は危険

山梨はガスト、すき屋が牛耳ってる

ほうとうはうまい

上回生は精神年齢低め

快活クラブは奈良にもある

滑舌は大事

曲数30曲は少ない

ハルチルガルトルブルン


続きを読む 0 コメント

2015年

9月

28日

第2回日本学生スポーツクライミング対校選手権大会

大会後帰省しており、家のパソコンでブログ編集ができなかったため更新が遅くなりました。

報告が遅れてすみませんでした。


9月7・8日に

明治大学和泉キャンパスにて行われた

第2回日本学生スポーツクライミング対校選手権大会に出場しました   (I本)


続きを読む 0 コメント

2015年

5月

20日

京大WALLER来る!!

どーもO滝です!

最近手首をやってしまいクライミングは休止していたのですが、今日は手首調子いい(錯覚)ってことでwallにいくとやたら背が高い人がいる!?

名前通り大型新人か?と一瞬思ったらなんとなんと我が阪大wallerが勝手に意識してるきょ…京大wallerやないか!

ということでテンションあがりまくりでこれは登るしかねえ!ってことでテーピングまいて壁に飛びつくと…やっぱ痛え!ということでアイシングしてやめる。

今日龍さんはK井さんのご友人で身長が190近くあったw

内のwall(多分)最長のIそさんが小っちゃく見えた…

ましてや168勢の一人である僕はもう子供かよって感じだった

リーチで僕が届かないようなホールドに楽に届くってのはやっぱり見ててちょっとずるいなと思ってしまった(汗)

リーチがあるとこんな登り方ができんのか!と思ったのは内のwallのピンク9番、離陸してからの横ランジ課題でドガバへ飛ぶ課題だけど龍さんはすっとドガバに届いてたww

クライミングでも身長があるってのはやっぱり相当な有利なのは間違いないし、adam ondraやchiris sharma、中嶋徹くんなどなど高難度を登る人には高身長が多い印象があるけどdaniel woods や安間さんは168勢で最強の小山田さんもいる。

action direct(e?)5.14d を登るadam と小山田さんの動画を見ると身長で妥協はできないということが再確認される。

話がずれたけど今日の「京大waller参戦」は大学の交流としても、自分のクライミングに対するモチベーションをあげるのにもいいことだと思った。僕は手首が痛くて登れないからずっと龍さんに話しかけてたから練習の邪魔だったかもしんないけど(汗)

今度はみんなで京大に行きたいと思います!



0 コメント

ブログ更新履歴

外岩合宿in恵那 (火, 06 11月 2018)
>> 続きを読む

脱怠け者 (Tue, 23 Oct 2018)
>> 続きを読む

夏合宿@四国 (Mon, 24 Sep 2018)
>> 続きを読む

外岩合宿in恵那 (火, 06 11月 2018)
>> 続きを読む

脱怠け者 (Tue, 23 Oct 2018)
>> 続きを読む

夏合宿@四国 (Mon, 24 Sep 2018)
>> 続きを読む

twitter

Instagram

Instagram


アクセスカウンター

アクセスカウンター